簿記検定 勉強法について

簿記2級を独学で受かるためのベストな勉強方法はコチラを参考にしてみましょう!独学はマイペースで勧めることが出来るのでオススメです。

簿記検定の難易度について

パソコン

簿記検定は毎回多くの人が受験するメジャー資格の1つで、簿記2級以上を取得していると就職や転職に有利と働くこともあります。なので今後も取得しようとする人は増えていくことが予想されています。簿記2級の難易度は合格率が20%程度と決して容易に合格できる資格ではありません。しかし毎回多くの人が独学で勉強して1回目の挑戦で合格しており、決して独学で合格できない試験ではありません。簿記2級の勉強法として資格予備校や通信講座を利用して合格を勝ち取っている人もたくさんいます。簿記2級の試験科目には商業簿記と工業簿記があります。商業簿記は3級からの延長線で勉強できますが、工業簿記を苦手としている人は多くなかなか合格できないと悩んでいる人も多いです。

工業簿記の勉強法

工業簿記は、原材料を購入して製品を製造し販売するまでの流れを仕訳するものです。なので各製造工程で起こっていることをイメージして仕訳パターンをマスターする必要があります。具体的には絵や図などに書いてイメージを膨らませる練習が必要です。そして仕訳パターンはある程度決まっているためテキストや問題集の問題を解いてパターンをマスターすることが合格レベルの力をつけることになります。どうしても理解に苦しむという人は、独学よりも通信講座や資格予備校を利用することが合格へ近づくことができます。独学のメリットは自分のペースで空き時間を利用して勉強できることですが、理解度も本人次第となるためできないと判断したら別の方法を模索することも必要です。

既に就職している方でも安心。通信の専門学校なら社会人でも入学する事が出来ます。目指す資格を取得するために最適です。

これからの時代を担う方法

勉強

スマイルゼミはタブレットの強みを生かし、子供の心もきちんと捉えているやり方です。保護者からは毎日の勉強が確認出来る事からイライラする事もなく、評判も上がっています。実際に満足度では一位の結果であり、子供の学習状況に応じて自動でタブレットが問題を選んでくれるのも良い点です。

詳しくはこちら

自宅に居ながら学ぶ

パソコン

専門的な知識や技術を通信制の専門学校で学ぶ方法があります。さまざまな事情で通学できない人には通信制はお勧めの方法です。インターネットを上手く活用して、さまざまな検索や自宅での学習効果を上げていくと良いでしょう。

詳しくはこちら

通信での勉強について

学生

通信教育は思い立ったらすぐに申し込むことができ、学費が安いことも魅力の一つです。ちょっとしたスキマ時間を使って好きなジャンルの勉強をすることにより、日頃のストレスを解消することもできます。本格的に学ぶ前にポイントを知っておくこともできます。

詳しくはこちら